食用亀研究

生血は安全か

すっぽんの生血の安全性

 

すっぽん懐石やすっぽんのコース料理など、すっ
ぽん料理専門店に行けば、すっぽんの生血が出て
くることが多いでしょう。飲みやすいように赤ワ
インで割って飲むのが一般的ですが、生き血って
安全性がどうなんだか少し心配になりますよね。

 

そこで、すっぽんの生血の安全性ですが、すっぽ
んの生体には多くの微生物が存在している可能性
があるため、生き血は必ずアルコールで割ること
が良いでしょう。度数が高いホワイトリカーや焼
酎等を用いるのが安全性が高いと共に酸化による
変色を防ぐことが可能です。

 

生血を抽出したらすぐにアルコールで割るのがポ
イントです。古くからすっぽん料理は日本で愛さ
れていますが、その安全性は確立していますから
安心して飲んでも良いでしょう。お店を選ぶ際に
は、老舗の評判の良いすっぽん料理専門店がお勧
めです。

 

ただ、すっぽんの生血って好みが分かれるところ
でもあります。もし、強い臭みを感じるなら、そ
れはすっぽんの尿が混ざっていることもあるそう
です。それは、すっぽんが首を切り落とされると
きに失禁するために生血に尿が混じるからです。

 

あまりすっぽん料理が苦手という方には、安全性
の高いサプリメントもお勧めです。

 

お勧めのサプリメントはこれ↓

 

肥後すっぽんもろみ

生産量NO1は静岡県

 

 

すっぽんの生態

 

すっぽんの生態はどんな感じなの
でしょうか。すっぽんは、日本に
古来から生息していますが、温暖
な場所にしか生息しておらず、関
西もしくは関西以西に生息してい
ます。

 

縄文時代中期の貝塚や弥生時代の
貝塚からもすっぽんが発掘されて
います。養殖も盛んに行われてい
て、静岡が養殖で一番生産量が多
いですが、関西圏や九州圏でも多
く生産されています。

 

淡水に生息しているため、河川や
湖、沼などですっぽんを見かける
ことが可能です。とても臆病で噛
み付くため、指を噛まれないよう
に気をつけましょう。

 

時には指を食いちぎられる可能性
もあります。亀と比較すると甲羅
が柔らかいのが特徴で、生息環境
はクサガメやイシガメと似ていま
す。

 

すっぽんは、雑食ですが動物食が
強く、魚、両生類、甲殻類、貝類、
水草を食べ、繁殖期には10〜50個
程度の卵を産みます。

 

甲羅の長さは、およそ40センチ弱
にもなり、亀と比べると甲羅は柔
らかく、体重も軽いのが特徴です。

 

水中で長時間生活できますが、陸
でも俊敏に動くことができます。
すっぽんは、皮膚病に弱いため、
上陸して歩くことはあまり少ない
です。